ブログランキング                                                                                                                                                                   ◆◆◆◆◆ 皆様の応援でアタシは最後まで頑張れました☆彡本当にありがとうぉ☆彡ここで皆様と出会えた事は事は一生忘れません☆彡 ◆◆◆◆◆     
   
     
    幸せの絆

hermama(通称:ママさん)の宝物・ボストンテリア@hermeschan♪(通称:エルメス・エル)偶然にも二人は同じ誕生日♪そんな偶然の出会いにいつも幸せ感じています☆そんなHermeschanWORLDをお楽しみください☆         
by hermeschan
         
   hermeschan♪
人気ブログランキングへ       ★↑クリックお願します↑★          
   hermeschan♪
ブログランキング          
   ☆ランキング☆
★応援ありがとうです★ ↓↓↓
ブログランキング        ★いつも感謝しています★
    カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
☆LINK☆
★エルも参加してます★
↓こっちも押してねッ★
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへブログランキング

★エルの自己紹介★
☆エルのプロフィール☆
☆エルの特徴☆
☆エルの生い立ち☆
☆エルの名前の由来☆
FC2☆
にほんブログ村
スター☆ドッグ
Fotonoma
★★★★LINK★★★★
至福のボストン・テリア三昧
bublog☆
江戸っ子姉妹さくらとかりん
気まぐれ日記♪
える君☆トイプー&チワワのMIX-eru☆
親バカ万歳☆
小悪魔【コナツ】とのハチャメチャ日記♪
ドーニとタリと卓とカイ♪
【PANCH】の【パンチ】
エルとニアの成長日記
♡バ・は・ぶ・日記♡
女☆の花道♪
パンチと遊ぼう
芽・瑠・乃
富士丸な日々
デカ・プー・タローの気ままな毎日☆
テッコちゃんが行く!!!
ぶる~す君♂そぅる♀ちん
ボステリ・GoQoo-59☆
ボストン練馬軍団
I G G Yの LIFE日記♪
S☆PI とぴっく☆
ピータンともなか☆
ゴーゴー☆ボステリ.teto
タスマニアン☆
BON★BONぼんど♂☆
ちびボステリぴょん&びっけ&美味しいもの日記
なはちゃんポン☆
ボストンテリア ちっちのholoholo日記
SAMURAI カンベイ☆
頑張れ!ブヒブヒめい
ぽちと生活 priceless
カミカミ王子・その名はポルコッ!
あずき記@ボストンテリア
ぐりぐり☆もこもこ☆
☆イギーの部屋☆
Naughty rolly plus juju
いらっしゃい!ボストンテリアжしゅかの日記ж
☆+apricot+人間2人犬1匹の日々☆
ぺろぺろ日和
たばこ販売店川上こん様 あさじえ日記☆
ボストンテリアNICKY☆BOM!!
くうちゃんのもっとまったり日記☆
コリキ家の珍事件簿!!
BOW WOW
桃を食う♪
BOSSandTWIN LONGLIFE☆
あんずと一緒☆
ぶひ☆パラ☆
ボストンテリア★丸です!
やさぐれ男犬
うちのアリ坊・ボーノ嬢☆
レオンとHAPPY♡LIFE☆
みきんこのエルちゃん日記
vividboo☆
小さなワンコのメロディ☆
ジョセフィーヌ・ケメコの部屋
となりのカンスケ☆
ボストンテリアのモカ~lovely garl'sdiary☆
tomo's essay☆
ボステリ T-Boz日記☆
なんでもありぃ~♪
きんきんけろんぱ☆
アンジとルーシーのお太陽日記☆
はなちゃん★そらくん♪
シスターжビーンズ・ブログ
ティナのひとりごと☆
@ドッグカフェ♪
Dogwood Hill's☆
北国の瑠衣ちゃん♪
ひとやすみ♪
あやめちゃんのブログ♪
★★★★LINK2★★★★
DOG LIKE@CAFE☆
TOP CHARACTER☆
Bambino☆
DOG DEPT☆
GOODy☆
★★OHFREDDY★★
flatflat☆
candy☆dog☆
fabbrica ONLINE SHOP☆
みちのくファーム
親族さん探し♪
☆エル使用の...☆
Honda Dog♪
エルのいつもの公園/昭和記念公園
駒沢公園
代々木公園
TARLUM
アトリエaube♪

果物狩り
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
タグ
人気ジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧
         
☆里親募集中☆
                  
  エルちゃん0歳☆
                 
  エルちゃん1歳☆
                 
  エルちゃん2歳☆
                 
  エルちゃん3歳☆
                 
  エルちゃん4歳☆
                 
  エルちゃん5歳☆
                 
  エルちゃん6歳☆
                 
  エルちゃん7歳☆
                 
  エルちゃん8歳☆
                 
  エルちゃん8.11歳最後まで頑張りました☆
        
カメラ大好き♪
         
自由帳
                   
自由帳
             
     
 
◆◆◆一生心に残りそうな、あの闘病生活◆◆◆
          あの日の温もりが、まだ鮮明にあり、
            思い出すと、今日も切ない。
          エルが石のように重くなった、あの日、
      『あれ?・・・。エルって、こんなに重かったっけ?』

       体から魂が抜けると、体ってこんなに重くなるんだね。
             正直初めて遺体を抱えたかも。
        手が震えた。いや、アタシの体全身が震えた。
         あの感触は今も忘れる事は出来ないかな。

     肉球も、亡くなった直後は、まだピンクでプ二プ二だったのに、
     (あの日、エルの大嫌いな爪切り、キレイにカットしました。)
a0086698_2053621.jpg
a0086698_2054495.jpg

        数時間もすると、色も変わって来ちゃうのね。
a0086698_206942.jpg

           お耳もキレイに掃除しました。
          これもエルの大嫌いな耳掃除??
      ちょっと意地悪して、奥の方も掃除してみました。
         『キャンっ』て、いつものように
          嫌がって目を覚まさないかって。
       けど、起きませんでした。って当たり前だよね。
    エルの遺体を冷やしてなきゃいけないと分かってても、つい、
      『エル、体重増えたね、重いよ、』なんて言いながら、
           何度も何度も抱っこしてました。
     亡くなる前日は触るだけでキャンキャン泣いてたのに、
         この日は、いっぱい抱っこできました。

   エル、本当に最後の最後は苦しそうでした。ジッとしててッ!!!
          って何回もアタシ、叫んでました。
       正直、いい加減にしろって、怒ってしまいました。
     認知症って分かっていても、怒ってはイケないと思いつつ、
   何回も頭を壁とかにブツケルし、隙間に顔を突っ込んで泣き叫ぶから、
         もぉ、どうしていいのか分からなくて、
      頭が弾けそうでした。そして、怒ってしまいました。
    自分も気が付けば、いっぱいいっぱいだったのかもしれない。

     エルとの楽しい思い出は数えきれないぐらい沢山あるのに、
  気が付けばエルとの思い出が闘病生活の事だけになってたかもしれない。
       それぐらい頭の中は、いっぱいいっぱいでした。

      エルが亡くなった時、直ぐ心臓叩いたりしたのに、
        最後の方は、正直手を止めてしまいました。
   エルとの別れは本当に辛くて、今でも会いたいって毎日思うけど、
      けど、あの日の最後の3日間ぐらいの姿を思い出すと
           もぉ、本当に辛くて辛くて。
     これで良かったんだって自分に無理やり言い聞かせてます。

       ここで奇跡的に心臓が、もし動いたとしても、
        またエルを苦しめるのでは無いかと思って、
           手が止まってしまいました。
      そして、ずっと泣きながらエルを抱きしめてました。

    エルが最後に飲んだ薬時、初めてエルに、本気で噛まれました。
       エルと出会って人生初めて本気噛みされました。
           怒ったから噛まれたのかな?
     いやいや、今まで怒っても噛む事なんて一度も無かった。
         バカ親だと思われちゃうかもだけど、
     エルは、1日4回の散歩以外、本当に手の掛らない子でした。
          お漏らしなんて絶対にしない子で、
     噛んだり無駄吠えしたり、床に置いてあるものに悪戯したり、
       留守中に、なんか悪戯するとか絶対にしない子で、
      本当に、この子は賢いなって、ずっと思ってました。
          凄く優しい子で空気の読める子で、
            周りからは大人しすぎて
        犬らしくないと言われたこともあったけど、
       アタシは煩い子より大人しい子の方が好きだから
       アタシにはピッタリな子だって、ずっと思ってて。
  時々軽い悪戯して嬉しそうな顔してたけど、そこは笑える程度の悪戯で
       全然可愛い程度で逆にアタシも笑わせてもらったり。

     それもアタシと同じ誕生日だけで、エルに対する愛し方は、
           ちょっと格別な感じでした。

        自分の分身かのように、大事にしてました。

     寝てる時は、ずっとアタシにベッタリくっついてたのに、
       そんなエルが病気になり、お漏らしから始まり、
         抱っこするだけで泣き叫ぶようになり、
       とうとうアタシの手まで噛みだしたのか?なんて。
         

        このままアタシの事忘れちゃうのかな?って、
        その切なさと悲しみと辛さがアタシの中でも、
     少しずつ心が歪み、辛さが苛立ちになりかけてきてました。
            直ぐ気が付くんですよ、
       エルが一番苦しんでるのに、怒ったらダメだと。
        けど徘徊してるだけならいいんですけど、
  24時間殆ど寝ないでアチコチ頭か顔をブツケテ朝方まで泣き叫んで
        何度も言いますけど、本当に見てて辛すぎた。
   その姿を24時間見続けてると、だんだん何もできない自分にも
           腹が立ってきて、きっとエルに
          無意識に当たってしまってたんだと。

     『エルちゃん、あの時、怒っちゃって本当にゴメンね。』

     エルに噛まれた、その傷は、もう完全に消えちゃったけど、
     この傷だけは消えないでって思うぐらい印象に残りました。
      本当に次から次へとエルがエルぢゃ無くなっていくって、
          少しでもアタシと一緒に過ごした事を
      忘れてほしくないってアタシも気が付けば必死でした。
  なんとかして、あの時のような心だけでも取り戻せたらいいのにって。

   けど最後の日、もう限界ってもしかして、この時訴えてたのかな?
       だから、もぉ、薬飲んでも意味が無いよって、
     だからアタシの手を噛んで、そう伝えようとしてたのかな?

          なんて、いろいろ妄想してみたり。
         もし、それが正しい答えだったとしたら、
      その時なぜ気が付いてあげれなかったんだろうなんて、
             本当に心残りしてます。

     ただ、エルって名前だけは、死ぬまで忘れてませんでした。
       アタシがエルと呼ぶと、必ずアタシの方を見ました。
   耳もシッカリいつものように動いてました。アタシの方向いてました。
        で、アタシの方に頑張って歩いて来てました。
          けど自分で徘徊を止められないのか、
      そのまま、アタシを通り過ごして、ずっと歩いてました。

          エルも凄く生きたいと必死でした。
a0086698_1832688.jpg

              全然寝ないエル、
      酸素マスク?して15分ぐらい仮眠程度で寝たと思えば、         
         また、直ぐ思い出したかのように飛び起き、
      何時間も徘徊してました。くたばるまで徘徊してました。
          亡くなる直前は、歩いてると言うか、
          焦ってるような感じの歩き方でした。
         ソワソワしてる感じと言うか、それで、
       動きが早いせいか、咳がどんどん出始めてました。
          だから余計に動くなって、ここでも
             何度も言ってました。
      けどアタシの手を振り避けて、ずっと徘徊してました。
            捕まえると、また泣き叫び、
      隙間に顔を突っ込めば、前に進めないと、また泣き叫び。

         また、ここでも歩くなって言ってました。

  けど、これも今思えば、寝たら最後って思って必死に起きてたのかな?
            なんて、思ってしまい、
   本当に、いろんな事が一気に頭の中ギューギューに詰まりすぎてて   
      最後の最後に気が付いてあげれなかった事が多すぎて
    後悔してもしきれないぐらいの別れ方だったような気がします。
         ほんと、思い返すと後悔する事ばかり。

    急性膵炎で入院して、歩けなくなって、で、御家に帰ってきた時、
         頑張れぇ~、歩けぇ~なんて言ってたのに、
          徘徊を繰り返してるエルを見てたら、
        頼むから寝ててと、思ったりもしてました。

   認知症の始まりは、胸水ではなく、5日間入院が原因だと思います。
          退院後から、徐々に歩けるようになり、
         御肉も自分で食べれるようになった時から、
      今思えば、かなりスローですけど、円状に歩いてました。

        入院する前は、一切そんな事なかったのに・・。

      御肉一つ口にしたら、フードボールの前を1周してました。
          そして、食べたら、また1周してました。
      御散歩の時も??する前、グルグル同じ所を回ってました。
      その時、アタシは、歩けるようになった事しか頭に無くて、
          ただ、フラフラしてるから円状に体が
        回ってしまうぐらいにしか思ってませんでした。
          御肉をあまり食べれなくなってきた時、
      それでもフードボールの前で四つん這いで立ち止まり、
           御肉を食べるふりをし始めました。
     フードボールに顔を突っ込んで、御口だけが動いてるんです。
           けど、御口には御肉は入って無く、
           ただ、御口だけがモグモグしてて、
          また、フードボールの前を1周してと、
         しまいには、そんな状況が続く感じでした。

      この時に、なんかオカシイって、やっと気が付きました。

    そして、御肉にも全く見向きもしなくなり、御水も飲まなくなり、
       注射器で飲んでたミルクすら、拒否し出すようになり、
     何も食べなくなり、ただ、部屋をずっと徘徊してる状態でした。

      エルにとって入院は莫大のストレスだったんだと思います。
        それ以前に抗がん剤などで病院ばかり行ってて、
           そこで、ずっと我慢してたのに、
     なんで、入院までさせるんだって、きっと思ってたんだと。
        急性膵炎になったのも、抗がん剤のせいだって、
             思ってたかもしれない。
        エルは自分が癌だって自覚してなかったから。
        って、犬が、アタシ、癌なんだ・・って
     分かるはずないもんね、それも、当時癌が見つかった時は、
          本人には痛みが全く無いんだもん。
       癌以外、どこも異常が無く健康で、エル自身は、
       なんで、こんな事されなきゃいけないんだって
           きっと思ってただろうしね。

     なのに病院ばっか連れて来られて、意味分からないよね。
          尚且つ痛い胸水の水抜きまでされて、
   だから悲鳴あげちゃうぐらい、もう限界に追い込まれてたんだと。


           なんか、御友達に言われました。 
       『亡くなった後に、あ~しとけば良かったとか、
         こ~しとけば良かったって、思うんだよね、
         アタシもワンが亡くなった時、泣きながら、
           同じように思ってたよ、』ってね。 
        その経験を次にまた活かせば良いんだよって。


        誰もが皆、そう思ったりするのかな?・・・。 
a0086698_7435521.jpg
 
      こんな時でも可愛いエルちゃん(・・って、親馬鹿笑??)

   
           御家に居ると泣いてばかりだから、
    気休めにと外出すれば、『ワンちゃんと今日は一緒ぢゃないの?』
      とか、車運転するだけで、エルとの最後の6ヶ月と2週間
        遊びに行くより、病院ばっかで通院してたせいか、
          助手席にエルが居ないって寂しくなるし、
        多摩川見るだけでエルと一緒に散歩した思い出が
            溢れかえってくるし、本当に、
          どこ行ってもエルとの思い出だらけで。

          エルがお漏らしずるようになってから、
           和室で布団敷いて寝てて、けど、
        エルが居なくなって久々に寝室で寝てるけど
         アタシが寝る時エルも一緒にクッツイテ、
       ベッドに飛び乗って来てたから、なんか変な気分だし。
       いつも一緒に寝てたのに、寝る前も淋しいみたいな。

         エルの、あのデカい御尻にいつも押されて
       アタシの寝る場所が無くて、エルに邪魔っていつも、
           怒ってたのが懐かしいというか。
    今は寝る時邪魔でもいいから、毎日隣で寝てほしいかったって。

         御家の中なんて、エルの私物だらけだしね。
       なんか、まだエルの残像が目にいっぱい焼き付いてて、
            全然片づけられないいし??


           昨日酸素ハウス取りに来たんだけど、
         なんか、それだけでも切なかったかな・・・。


                ・・・て、

     『エルは、本当に、この家に来て幸せだったのかな?・・・。』
           それが一番知りたいわ、本当に。

      なんか、ほんと、エルとの別れ方が、なんか納得いかなくて。
         入院中とか、アタシが出かけてる時とかに、
       亡くなったのではなく、エルの大好きな我が家が一番で、
          それも、アタシの目の前で亡くなったから、
         それは救いというか、良かったのかもだけど、

              なんか・・・なんかね。


   最後の最後ぐらい、生きてるうちに、ギュ~っていっぱいしたかったな。

        

     








a0086698_533723.gif

<a href=a0086698_2225814.gif

<a href=a0086698_2231471.gif

<a href=a0086698_2233030.gif

by hermeschan | 2014-02-26 08:43 | hermamaの独りごと
   
<< ◆◆◆確かな記憶◆◆◆ ◆◆◆初七日◆◆◆ >>